最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB分析・フタル酸エステル分析・PFOS分析・PFOA分析・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)分析・TBBPA分析・TBP分析・有機スズ分析・HCB分析・VOCs分析・RoHS分析・ELV分析/環境保全研究会

最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB・フタル酸エステル・PFOS・PFOA・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)・TBBPA・TBP・有機スズ・HCB・VOCs・RoHS・ELVのお問い合わせはコチラへ…環境保全研究会

特定有害物質非含有宣言

自己宣言への企業対応

自己宣言は安易な方法ではない

ヨーロッパの文化・価値観の理解

Producer analysis 生産者による測定

英国市場に上市した電気電子機器の生産者は、調達先の自己宣言を確認するためまたは自己宣言が入手できない場合は制限物質の有無を証明するために、自社製品に使用する構成部品または材料を独自に分析する。

生産者は、自社製品が特定有害物質の最大許容濃度を遵守していることを証明するために適切な分析法を採用することができる。

分析基準は、上市された製品の数量(大手製造業者よりも小製造業者は少ない)、供給者との関係、使用禁止物質のリスクの存在、その物質の環境への潜在的影響に依存する。

生産者は、使用する分析技法のあらゆる限界を理解し、考慮を確実に入れなければならない。

イギリス RoHS国内法案

当局の指示で、製造業者は上市した電気・電子機器が2006年7月1日以降上市製品の特定有害物質が最大許容濃度以下の要件を遵守していることを示す技術文献または他の情報を28日以内に提出されるものとする。

製造業者は、上市した電気電子機器の遵法を示す技術文献または他の情報を4年間保有するのを確実にするものとする。

Compliance Flow

Compliance Flow

Component・製品データの信頼性の確保は?

Component・製品データの信頼性の確保は?

開発・設計段階での評価と工程検査

開発・設計段階での評価と工程検査