最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB分析・フタル酸エステル分析・PFOS分析・PFOA分析・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)分析・TBBPA分析・TBP分析・有機スズ分析・HCB分析・VOCs分析・RoHS分析・ELV分析/環境保全研究会

最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB・フタル酸エステル・PFOS・PFOA・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)・TBBPA・TBP・有機スズ・HCB・VOCs・RoHS・ELVのお問い合わせはコチラへ…環境保全研究会

RoHS 予防対策・その他

RoHS 第4条 予防

2006年7月1日以降上市する電気電子機器に対して次項の物質を非含有とする

水銀

カドミウム

六価クロム

PBB(ポリ臭素化ビフェニル)

PBDE(ポリ臭素化ジフェニルエーテル)

上市:単一市場に最初に入った日

ELV 第4条 予防

2003年7月1日以降に市場に出た車の材料及び部品が、ANNEXUに挙げられ、そこに特定された条件に基づく場合を除いて、鉛、水銀、カドミウム、六価クロムを含まないことを、加盟国は保証するものである。

End-of Life Vehicles  廃自動車指令

総量規制  鉛 60g  六価クロム 2g

ANNEX

第4条(1)の要求事項が除外される鉛・水銀・カドミウム・六価クロムの用途 (部分記述)

小型蛍光灯でランプ1本あたり5mgを越えない水銀

鋼材の0.35wt%までの鉛

アルミ材の0.4wt%までの鉛

銅材の4wt%までの鉛

高融点ハンダの鉛(鉛85%以上)

電子セラミック部品中の鉛

カドミウム

76/769/EECの制限外の表面処理

六価クロム

吸収型冷蔵庫のカーボンスティール冷却システムの防錆処理

RoHS 第5条 科学的・技術的進歩の採用

特定有害物質の最大許容濃度の設定

特定有害物質の除外要件

特定有害物質の除去、代替、材料および構成部品が、技術的または科学的に不可避な場合

特定有害物質の代替による負の影響より環境及び/又は健康の便益が上回る場合

Annexによる適用除外については、少なくとも4年毎の見直しを実施する

EICTAの除外提案

Tin-lead plating in Fine Pitch flexible applications.

lead in plating of Iron-Nickel Alloy fine-pitch electronic components.

connection between aluminium wire and copper in high temperature applications.

re-use of recovered parts containing RoHS-restricted substances from old equipment placed on the market before 1 July 2006

RoHS 第6条 レビュー

2005年2月13日前に新たな科学的証拠を考慮して本指令に規定する措置を必要に応じ見直す

2005年2月13日前にWEEE指令AnnexTAのカテゴリー8と9の機器を対象範囲に含めることの提案

科学的事実を基に予防原則を考慮して特定有害物質リスト採択の必要性の調査し、適切な場合は欧州議会および欧州理事会に採択の提案

環境および人の健康に与える影響を見直す際に、電気電子機器に使用される他の有害物質と材料の代替可能性の検討

欧州議会および欧州理事会への特定有害物質拡大に向けた提案の提出