最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB分析・フタル酸エステル分析・PFOS分析・PFOA分析・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)分析・TBBPA分析・TBP分析・有機スズ分析・HCB分析・VOCs分析・RoHS分析・ELV分析/環境保全研究会

最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB・フタル酸エステル・PFOS・PFOA・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)・TBBPA・TBP・有機スズ・HCB・VOCs・RoHS・ELVのお問い合わせはコチラへ…環境保全研究会

WEEE Directive条文

WEEE Directive
廃電気電子機器指令
(Waste Electrical and Electronic Equipment)

WEEE Directive

前文

第1条 目的

第2条 範囲 ANNEX I

第3条 定義

第4条 製品設計 草案で追加

第5条 分別回収

第6条 処理 ANEEX U(セレクト),ANNEX V(技術基準)

第7条 再生

第8条 一般家庭からのWEEEに対するファイナンス

第9条 一般家庭以外からのWEEEに対するファイナンス

第10条 ユーザーへの情報提供 ANEEX W(マーク)

第11条 処理施設への情報提供

第12条 情報と報告

第13条 科学・技術的進歩への適応

第14条 委員会

第15条 罰則

第16条 執行 草案で追加

第17条 国内法への転換

第18条 発効

第19条 宛先(対象)

第1条 目的

廃電気電子機器(WEEE)の予防

廃棄物の処分を減らすために、リサイクルと他の方法による再生

ライフサイクル全般に係わる人の環境パフォーマンスの改善

EEEの生産者・ディストリビュータ、消費者

WEEEの処理担当者

第2条 範囲 ANNEX I

大型家庭用電気製品 : 冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・エアコン等
小型家庭用電気製品 : 電気掃除機・アイロン・ヘアドライヤー等
IT及び遠隔通信機器 : メインフレーム・ミニコン・パソコン等
民生用機器 : ラジオ・テレビ・ビデオ・オーディオアンプ・楽器等
照明装置 : 蛍光灯・放電灯・高圧ナトリュームランプ等
電動工具 : ドリル・旋盤・フライス盤・研磨盤・芝刈機等
(据付型大型産業用工具を除く)
玩具 : 電車/カーレーッシングセット・ゲーム機等
医療用機器 : 放射線療法機器・心電図測定器・人工呼吸器等
(移植用医療機器製品及び病原菌に感染した製品を除く)
分別回収はするが、リサイクル率目標はなし
監視及び制御機器 : はかり・工場設置の監視測定機器等
10自動販売機 : ホットドリンク販売機・瓶/缶用自動販売機等

第3条 定義

EEE:電気電子機器(Electrical and Electoronic Equipment)
ANNEX IAに属し、交流1,000V 直流1,500Vを超えない、定格電圧で使用する設計されたEEE

WEEE:廃電気電子機器(Waste Electrical and Electoronic Equipment)
75/442/EEC 第1条aに定める廃棄物

廃棄時点での製品と一体ある構成部品、  サブアッセンブリー及び消耗品を含む

予防:WEEE及びWEEEに含まれる材料と物質についての、量と環境に対する有害性を低減すること

第4条 製品設計 草案で追加

分別や回収

WEEEのリユースとリサイクル

容易な設計や生産を推奨しなければならない

【検討中の指令】
EEE : DIRECTIVE OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL on the impact on the environment of electrical and electronic equipment
電気電子機器がそのライフサイクル中に環境に与える全体的な影響を最少にするために、その機器の設計及び製造に対する条項を規定する。 [ 2001.2 草案 ]

第5条 分別回収

発効後30ヶ月以内に一般家庭からWEEEを分別回収する

最終所有者、ディストリビュータが無償でWEEEを返却できるシステムを構築する

ディストリビュータが新製品販売時に旧製品を無償で引き取る

生産者が個別及び/又は共同による自社WEEEを引取システムの構築運営を認める

例外(特別な取決めをする)

返却されるWEEEが基本的構成部品がない

WEEE以外の廃棄物を含んでいる

使用中に汚染されている(放射性及び細菌性汚染)

発効36ヶ月以内に、一般家庭からのWEEEは一人平均4Kg分別回収する

例:ドイツ

Input:年間新規EEEは200万t

回収:4Kg×82百万人=32万t 16%回収

回収量は順次上げていく政策

欧州委員会は6Kg提案

英国はすでに達成済みと公表

欧州のリサイクル用語の定義

予防 (Prevention) :材料と物質の量と有害性の低減

処理 (Treatment) :汚染除去、解体、破砕、再生または処分の準備のために施設に引渡し後のすべての活動及びWEEEの再生オペレーション

再使用 (Re-Use) :継続的使用を含め当初と同じ目的で再度使用

再生 (Recovery) リサイクル (Recycling):当初は他の目的のために廃材料を生産工程で再加工すること

エネルギー回収 (Energy Recovery):熱の再生を伴う直接的焼却によるエネルギー回収

処分:単純な焼却、埋め立て

第6条 処理 ANEEX U(セレクト),ANNEX V(技術基準)

加盟国は、生産者の委託に基づき個別及び/又は共同によりWEEE処理システムを構築しなければならない。

処理施設または請け負い業者の技術要求事項はANNEXVによる。

WEEEの輸送は理事会規則EEC/259/93に従う条件であれば加盟各国、共同体域外で処理してよい。

処理施設または請け負い業者はEMSの取得を奨励

分離処理(Selective Treatment) …処理は全ての液体とANNEX UはWEEEから取り出してWEEEとは別の処理をする

【ANNEX U】

ポリ塩化ビフェニル(PCB) を含むコンデンサー。PCB類ならびにPCTの処理に関する指令96/59/ECに準拠すること。

水銀を含むコンポーネント。スイッチやバックライト用ランプなど

電池類

移動電話一般ならびにその他デバイスのプリント基板のうち、プリント基板の表面積が10平方cmを超えるもの

トナー・カートリッジ。液状か粘着粉末かを問わず、カラー・トナーも含む

臭素系難燃剤を含むプラスチック

石綿(アスベスト)廃棄物及び石綿含有物

陰極線管

クロロフルオロカーボン(CFC),ヒドロクロロフルオロカーボン(HCFC),ヒドロフルオロカーボン(HFC),ヒドロカーボン(HC)

ガス放電型ランプ

液晶ディスプレイ(必要であればそのケーシングも含む)のうち、表面積が100cmを超えるもの、ならびにガス放電ランプをバックライトとして使用しているものすべて

外部電線

指令97/69の定める耐火性セラミック・ファイバーを含むコンポーネント

放射性物質を含むコンポーネント。ただしBSS指令(96/29/EC、第3条ならびに付記I)に定める例外規準未満のものを除く。

電解コンデンサー(25mm × 25mm以上)

第7条 再生

生産者は回収したWEEEを再生するためのシステムを個別又は共同で構築しなければならない。

カテゴリー別再生率リサイクル率の目標

カテゴリー構成部品等の
再使用率リサイクル率
1,10:機器80%75%
3,4:機器75%65%
2,5,6,7,9:機器70%50%
ガス放電ランプ80%
比率は機器の平均重量比

見直し

2008年12月31日以降の目標値は、カテゴリ8(医療機器)を含めて、技術の進歩と環境の利益を勘案して見直しをする。(欧州議会採択)

TACでデータフォーマットを含めて検討を開始した。

第8条 一般家庭からのWEEEに対するファイナンス

加盟国は発効後30ヶ月後に、回収・処理・再生・処分に関わるファイナンス(費用負担)を準備する。

上記ファイナンシングは、個別及び/又は共同システムで準備する。

発効前に上市した製品(Historical Waste)はコスト発生時に存在する全ての生産者が、シェアに従って共同負担する。

第9条 一般家庭以外からのWEEEに対するファイナンス

第8条 一般家庭からのWEEEに対するファイナンシングと同様規定。

生産者とユーザー間で費用契約を結ぶことができる。

第10条 ユーザーへの情報提供 ANEEX W(マーク)

一般家庭のEEEユーザーへの情報提供

加盟国の責務

WEEEは分別されていないゴミと一緒に処分できない表示

ユーザーが利用できる返却・回収システム

WEEEの再利用・リサイクル・その他の形での再生へ貢献する上での役割

EEEに含まれる環境と人の健康に影響を与える危険有害物質の情報

ANNEX IVのマークの意味

生産者の責務

機器及び取扱説明書にANNEX VIのマークを表示

例外的に、包装、取扱説明書、保証書に表示

危険有害物質の表示(欧州議会採択)
… 危険物質の分類、包装、表示に関する法律、規則、行政規定の近似化に係る
   理事会指令(67/548/EEC) [ 同見直し 2001/59/EC ]

WEEEのマーク

ANNEXWのマーク

第11条 処理施設への情報提供

生産者は次項の情報を処理施設の必要とされる情報提供をする。

EEEに含まれる危険物質

EEEに含まれる危険調剤の場所

EEEの構成部品と材料

第12条 (略)情報と報告

生産者登録・回収量報告など

第13条 科学・技術的進歩への適応

科学的・技術的進歩により修正する。

ANNEX TB (ソーラパネルなど)

ANNEX U  (処理技術により見直す)

ANNEX V  (技術基準)

ANNEX W  (マーク)

生産者・リサイクラー・処理業者・環境団体・消費者団体と協議する。

第14条〜19条(略)

手続き手順