最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB分析・フタル酸エステル分析・PFOS分析・PFOA分析・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)分析・TBBPA分析・TBP分析・有機スズ分析・HCB分析・VOCs分析・RoHS分析・ELV分析/環境保全研究会

最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB・フタル酸エステル・PFOS・PFOA・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)・TBBPA・TBP・有機スズ・HCB・VOCs・RoHS・ELVのお問い合わせはコチラへ…環境保全研究会

WEEE&RoHS 分析方法

分析フロー

サンプリング

1.全体を代表する部分を平均的に採取する。
2.採取サンプルを 0.1mg 程度に細片化する。
3.2g 以上採取し、均一に混合したものを試料とする。(CdPb,総Cr分析時)
Hg分析用には 5g 以上、Cr6+分析用には 10g おのおの必要となります。
形状は、問いません。足らない場合は、できるだけ収集しておいてください。

前処理

前処理とは、分析対象部品のプラスチック・ゴム等を分解・燃焼除去し、残りの重金属を酸に溶解し、液体にする操作をいいます。代表される前処理方法として、以下の方法が挙げられます。

乾式分解法

湿式分解法

高圧分解法

マイクロウェーブ分解法

燃焼分解法

抽出法

直接法

分析・測定

代表される測定方法として、以下の方法が挙げられます。

ICP発光分光分析法

熱的に励起された原子(またはイオン)が、低いエネルギー準位に戻るときに放出される光子の波長に相当する発光線の強度を測定して、元素の定量を行う。

ICP質量分析法

プラズマで生成したイオンを質量分析計で測定する。

蛍光X線分析法

X線分析の一つ。試料物質にX線を照射し、元素に固有の特性X線(蛍光X線)を発生させ、エネルギーを測定して定性、強度測定によって定量分析を行う方法。

報告値

上記手法により分析を実施できる機関、できれば WEEE&RoHS分析に詳しい分析機関で分析を行い、試験報告書を作成する。

受託分析や分析機器関連のお問い合わせは・・・ コチラへ

(amazon.サーチの使い方)

書店で手にはいらない本や仕事の参考文献を探したいとき、amazon.サーチの四角い空欄に本の題名を入力してgo ボタンを押す と検索できるようになっており、現れた画面より入手することができます。また、サーチの横の「和書」をクリックすると洋書 (翻訳本は、和書に分類されます)・音楽・DVD・おもちゃ&ホビー・ホーム&キッチン・スポーツ&アウトドア ・エレクトロニクス・ソフトウエア・ヘルス&ビューティーなどのメニューが現れ、本以外の分野の製品も検索、 入手できます。