最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB分析・フタル酸エステル分析・PFOS分析・PFOA分析・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)分析・TBBPA分析・TBP分析・有機スズ分析・HCB分析・VOCs分析・RoHS分析・ELV分析/環境保全研究会

最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB・フタル酸エステル・PFOS・PFOA・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)・TBBPA・TBP・有機スズ・HCB・VOCs・RoHS・ELVのお問い合わせはコチラへ…環境保全研究会

POPs(残留性有機汚染物質)の分析・調査

ヘキサクロロベンゼン(HCB)分析

工業原料として使用されているテトラクロロ無水フタル酸(TCPA)から約1,000ppm〜2,000ppm(0.1〜0.2%)のヘキサクロロベンゼン(HCB)が含まれていることが判明しました。
(環境省、経済産業省、厚生労働省:平成18年3月17日報道発表資料より)

また、「副生する特定化学物質のBAT削減レベルに関する評価委員会(仮称)」が設置され、TCPAおよびTCPAを原料として製造される顔料(ソルベントレッド135など)中のHCBやその他のHCBを含む製品について調査中です。厚生労働省、経済産業省および環境省は、平成18年夏頃に ヘキサクロロベンゼン(HCB)を法律で使用禁止にする見込みです。

環境保全研究会では、TCPAおよびTCPAを用いて製造される顔料(ソルベントレッド135)・染料・成形材・塗料などに含まれるヘキサクロロベンゼン(HCB)の分析を短納期(7営業日)で実施しております!

分析方法

溶媒抽出または溶解

GC−MS(ガスクロマトグラフー質量分析計)

またはHRGC−HRMS(高分解能タイプガスクロマトグラフー質量分析計)

定量下限値:1ppmから10ppbなどご要望、試料の性質により変動します。

お問い合わせはコチラから

ご参考までに

POPs(残留性有機汚染物質)について

POPs(Persistent Organic Pollutants、残留性有機汚染物質)とは環境中での残留性が高いPCB、DDT、ダイオキシン等をいいます。
これは一部の国々の取組だけでは、では地球環境汚染の防止には限界があり、国際的に協調してPOPsの廃絶、削減等を行おうという趣旨で、2001年5月、「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」が採択されました。

具体的には・・・

POPs (残留性有機汚染物質) とは・・・

アルドリン、クロルデン、ディルドリン、エンドリン、ヘプタクロル、ヘキサクロロベンゼン、マイレックス、トキサフェン、PCB、DDT、ダイオキシン、ジベンゾフラン などをいいます。

これらの分析でお困りのときには、当会がお役立てできます。

お問い合わせはコチラから

ストックホルム条約の概要(環境省HPより)

1. 目 的

リオ宣言第15原則に掲げられた予防的アプローチに留意し、残留性有機汚染物質から、人の健康の保護及び環境の保全を図る。

2. 各国が講ずべき対策

[1] 製造、使用の原則禁止(アルドリン、クロルデン、ディルドリン、エンドリン、ヘプタクロル、ヘキサクロロベンゼン、マイレックス、トキサフェン、PCB)及び原則制限(DDT)

[2] 非意図的生成物質の排出の削減(ダイオキシン、ジベンゾフラン、ヘキサクロロベンゼン、PCB)

[3] POPsを含むストックパイル・廃棄物の適正管理及び処理

[4] これらの対策に関する国内実施計画の策定

[5] その他の措置

新規POPsの製造・使用を予防するための措置

POPsに関する調査研究、モニタリング、情報公開、教育等

途上国に対する技術・資金援助の実施

3. 条約の発効

50ケ国の締結により条約が発効