最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB分析・フタル酸エステル分析・PFOS分析・PFOA分析・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)分析・TBBPA分析・TBP分析・有機スズ分析・HCB分析・VOCs分析・RoHS分析・ELV分析/環境保全研究会

最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB・フタル酸エステル・PFOS・PFOA・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)・TBBPA・TBP・有機スズ・HCB・VOCs・RoHS・ELVのお問い合わせはコチラへ…環境保全研究会

国土交通省による「建築基準法の改正」

シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるため、建築物に使用する建材や換気設備を規制する法律です。
対象は住宅、学校、オフィス、病院等、全ての建築物の居室です。

ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制

1. 内装仕上げの制限 2. 換気設備設置の義務化 3. 天井裏などの制限

クロルピリホスの使用禁止

内部仕上げの制限

建築材料の区分 ホルムアルデヒドの放散量 JIS・JASの表示記号 内装仕上げの制限
建築基準法の規制対象外 拡散速度
5μg/m3h以下
F☆☆☆☆ 制限無しで使用可能
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料 5μg/m3h
〜20μg/m3h
F☆☆☆ 使用面積が制限
第2種ホルムアルデヒド発散建築材料 20μg/m3h
〜120μg/m3h
F☆☆
第1種ホルムアルデヒド発散建築材料 120μg/m3h超 旧E2、FC2又は表示なし 使用禁止

規制対象となる建材

木質建材(合板、木質フローリング、パーティクルボード、MDFなど)、
壁紙、ホルムアルデヒドを含む断熱材、接着剤、塗料、仕上塗装など
↓
原則として、JIS、JAS又は国土交通大臣認定による等級付けが必要になります。
↓
当会では、建築基準法改正に伴いJIS化された建築材料中に含まれる
ホルムアルデヒドの放散試験を小型チャンバー法にて測定します。
また、トルエン、キシレンなどの揮発性有機化合物の放散試験も承ります。