最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB分析・フタル酸エステル分析・PFOS分析・PFOA分析・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)分析・TBBPA分析・TBP分析・有機スズ分析・HCB分析・VOCs分析・RoHS分析・ELV分析/環境保全研究会

最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB・フタル酸エステル・PFOS・PFOA・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)・TBBPA・TBP・有機スズ・HCB・VOCs・RoHS・ELVのお問い合わせはコチラへ…環境保全研究会

測定方法

原子吸光(フレーム)法 Cd,Pb,Cr

測定溶液を炎の中に噴霧すると、溶液中の金属塩類は、熱分解等を受け原子状の蒸気となる。この時、外部より光を当てると、金属特有の波長の光を吸収し励起状態になる。この吸収量を測定する。

原子吸光(フレーム)分析装置
原子吸光(フレーム)分析装置

原子吸光(フレームレス)法  Cd,Pb,Cr

測定溶液を黒鉛炉等に入れ、段階的に温度を上げ、乾燥・灰化・原子化を行う。この時、外部より光を当てると、金属特有の波長の光を吸収し励起状態になる。この吸収量を測定する。

原子吸光(フレームレス)分析装置
原子吸光(フレームレス)分析装置

原子吸光(還元気化)法 Hg

測定溶液に還元剤を加え、金属水銀とし気化させる。この時、水銀蒸気に紫外線を当て共鳴吸収を利用して測定する。

原子吸光(還元気化)分析装置
原子吸光(還元気化)分析装置

自動Hg装置
自動Hg装置

ICP発光分光法 Cd,Pb,Cr

測定溶液を高温アルゴンプラズマ中に噴霧すると、液体中の元素はプラズマの熱エネルギーにより励起されるが、もとの安定な基底状態に戻る。この時、元素特有の光を発生する。この光を分光器で分光し、その発光強度から、標準溶液との比例計算にて元素の濃度を測定する。

ICP発光分光装置
ICP発光分光装置

吸光光度法 Cr6+

測定溶液に試薬を添加し発色させたのち、吸光度を測定し、ランベルト・ベールの法則を利用して目的成分の濃度を求める。

吸光光度装置
吸光光度装置

イオンクロマトグラフ法 Br

測定溶液に溶離液とあわせて分離カラムに通し、選択係数(イオン交換能)の差を用いて測定をする。検出器は電気伝導度を使用する。

イオンクロマトグラフ装置
イオンクロマトグラフ装置

原子吸光分析法とICP発光分析法の比較

原子吸光分析法
原子吸光分析法

ICP発光分析法
ICP発光分析法

原子吸光分析法ICP発光分析法
一般に精度が良い多くの元素に対して高感度で測定できる
測定濃度範囲が狭い測定濃度範囲が広く5〜6桁ある
基本的に一回に一元素の測定多元素同時分析が可能である