最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB分析・フタル酸エステル分析・PFOS分析・PFOA分析・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)分析・TBBPA分析・TBP分析・有機スズ分析・HCB分析・VOCs分析・RoHS分析・ELV分析/環境保全研究会

最速3営業日アスベスト調査分析・標準試料(標準物質)・PCB・フタル酸エステル・PFOS・PFOA・HBCDDまたはHBCD(ヘキサブロモシクロドデカン)・TBBPA・TBP・有機スズ・HCB・VOCs・RoHS・ELVのお問い合わせはコチラへ…環境保全研究会

前処理方法

硫酸灰化法 Cd,Pb,Cr

試料に硫酸を加え、加熱分解し、更に400〜500℃で灰化処理後、灰分を酸に溶解する。
測定溶液を原子吸光(フレーム、フレームレス)法、ICP発光分光法にて測定する。

石英ルツボ
石英ルツボ

湿式分解法 Cd,Pb,Hg,Cr

試料に酸を加え、加熱分解する。
測定溶液を原子吸光(フレーム、フレームレス)法、ICP発光分光法にて測定する。
特に、Hgの場合は原子吸光(還元気化)法にて測定する。

ケルダールフラスコ法
ケルダールフラスコ法

ダイジェスダール法
ダイジェスダール法

分解フラスコ法
分解フラスコ法

マイクロウエーブ分解法 Cd,Pb,Hg,Cr

テフロン製の分解容器に試料と酸を入れ、マイクロウェーブを照射して分解する。
測定溶液を原子吸光(フレーム、フレームレス)法、ICP発光分光法にて測定する。
特に、Hgの場合は原子吸光(還元気化)法にて測定する。

マイクロウエーブ分解法

燃焼分解法 Hg,Br

密閉容器内又は管状電気炉中で試料を燃焼させ発生するガスを吸収する。
測定溶液をHgは原子吸光(還元気化)法、Brはイオンクロマトグラフ法にて測定する。

燃焼フラフコ法
燃焼フラフコ法

管状炉
管状炉

溶出法 Cr6+

試料を水に溶出し、測定溶液を吸光光度法にて測定する。