ウール生地消臭試験結果

ヒカリアクターT1(RD-T1)を使用して下記ウール生地に光触媒加工、処理をして消臭試験を行った。光触媒加工液の塗布量は生地重量に対してピックアップ2.5%になるようにした。

@ ミルドサージ(ベージュ)   −生地重量200g/u
A ミルドサージ(黒)      −生地重量200g/u
B 変り織ジャガード(イタリア製)−生地重量180g/u

消臭試験は紫外線照射による前処理後、約18ppm のアセトアルデヒド(ガス容量1L)中に5×5cm の試料を置き、約1mW/c uの紫外線を照射して20 時間後の濃度を測定した。

どの生地でも充分な光触媒活性が得られている。

アセトアルデヒド浄化率(%)
ミルドサージ(ベージュ) ミルドサージ(黒) 変り織ジャガード
100 99.4 100
【加工生地写真】
ミルドサージ(ベージュ) ミルドサージ(黒) 変り織ジャガード
加工生地写真 ミドルサージ(ベージュ) 加工生地写真 ミドルサージ(黒) 加工生地写真 変り織ジャガード