洗濯後の消臭試験結果

ヒカリアクターT1(RD-T1)を使用して光触媒加工、処理した布地(綿シーチング)について、洗濯後のアセトアルデヒドの浄化性能を評価した。洗濯はJIS L 0217 103 号に準拠した家庭洗濯を行った(40℃×5分洗い→2分×2回すすぎ)。

約18ppm のアセトアルデヒド(ガス容量1L)中に5×5cm の布地を置き、約1mW/c uの紫外線を照射して20 時間後の濃度を測定した。

洗濯により新品より若干性能が下がっているが充分な性能を維持している。また洗濯回数を増やしてもほとんど劣化が進んでいない。

グラフ アセトアルデヒド浄化率(%)