消臭試験結果( ヒカリアクターT1 )

ヒカリアクターT1(RD-T1)を使用して綿布に光触媒加工をして消臭試験を行った。ヒカリアクターT1の加工量は布地重量に対してピックアップ率2.5%(owf2.5%)になるように浸漬加工した。

消臭試験は光触媒製品技術協議会(SITPA)のガスバッグB法により実施した。アセトアルデヒドの除去率は100%(下表参照)となり、高い消臭性能が得られている。

試 験 結 果
試験ガス アセトアルデヒド
ブラックライトの型式
ランプ数
National FL40S・BL-B
2灯
検体採取量 5cm×5cm
試験片の前処理方法等 紫外線照射3時間
ブラックライトから試験片上面までの距離 約151mm
試験室の温度範囲 22〜25℃
試験成立条件の確認 有効
アセトアルデヒド除去率
100%
試験機関:(財)日本食品分析センター
消臭試験結果(アセトアルデヒド)